BLOG

ブログ

ホスピタリティ業界が考えていくべき「香害」-まずは問題をまとめる No.1-

記事一覧»

Image by 4BR from Pixabay

 

ある取引先で「スタッフが香水をつけていて、食事の邪魔になる」というクレームがありました。サービスに従事する人は、基本的に香水NGです。これはどこでも徹底されていることで、香りのきつい化粧品も使用不可とされている企業は多いですね。

ただ、今回指摘されたそのスタッフは香水をつけておらず、トラブルとなった香りの元は柔軟剤でした。ドラッグストアなどに行くと、かなり多くの「良い匂いがする洗剤・柔軟剤」が発売され、その効果も長持ちすると謳われています。

私は仕事柄、香水と同様に考えてこのような香りの強い洗剤・柔軟剤はNG(未使用)ですが、今回の件でこの香りが原因で様々な症状に苦しむ「化学物質過敏症」の方々の存在を知りました。正確には、そのような方がいるということは知っていましたが、詳細にその原因や症状を知ろうと思った、というのが正しい表現です。

単に「香りが食事の邪魔をする」という視点ではなく、お客様の健康を害しているという事実に対し、ホスピタリティ業界がどうするべきか、まず考えられる問題点・改善点を今後まとめていき、今後の課題とします。


* 続きは、下記URL から note へどうぞ。


ホスピタリティ業界が考えていくべき「香害」-まずは問題をまとめる No.1-

 https://note.com/delightingall/n/n75cd20a1f032

 

 

CATEGORY

Column


WRITER

Director





%d人のブロガーが「いいね」をつけました。