BLOG

ブログ

卓上メニューは片づけない ・・・ 強力な集客ツール

記事一覧»


今日、個人経営のお店でランチを取りました。以前から気になっていたお店です。卓上にはランチメニュー。ただ裏返してみても、夜の内容は分からず。ちょっとお尋ねしたら「休憩時間中に、ディナーメニューと差し替えています」と。私は単なる一般客なので、それ以上はお尋ねしませんでした。


注文後にメニューを下げるお店は多く、卓上はすっきりします。ただ、料理を待つ間、改めて何気なく見る方・見たい方も多くいらっしゃいます。グランドメニューはもちろん、昼、夜、季節限定、ドリンク、デザート etc、ちょっと手の空いた時間で、初めて来たお店のメニューには興味が湧きます。

それが次の来店や追加注文につながることも。「いま頼んだけど、こっちにすれば良かった」「今度はこれを食べてみよう」という経験は珍しくないでしょう。デート中の2人が仲良くメニューを覗き込む姿も容易に想像できます。

以前、ある飲食店でアンケートとった際「様々な店で、待っている間にメニューをみて、次に何食べようか考えたことがある」という人は、84人中33人でした。母数は少ないですが39.3%は無視できない割合です。

「WEBに載せている」という店もありますが、手持ち無沙汰の時間、いま目の前に何気に手に取れるメニューがあることが重要です。


もちろん、卓上スペースや冊数、衛生面、保管場所の問題もあるので、一概には言えません。ただ、メニュー類は強力な販促ツールであることも事実。ぜひこの視点で、卓上に置いておくことも一つの集客方法としてご検討を。


CATEGORY

Skill


WRITER

Director